前へ
次へ

離乳食を与えるタイミングはいつか

ミルクだけから離乳食に入るまで、平均的に5ヶ月から6ヶ月程度が目安といわれています。
しかし、目安は必ずしも全てのお子さんに当てはまるとはいえません。
なかなかミルク以外を口にしてくれないお子さんもいますし、まだ発育が伴っていないので取り入れるのは様子を見たほうがいいと医師から言われるお子さんもいます。
必ずしも全てのお子さんに当てはまるわけではなく、お子さん一人ひとり成長の度合いが違うため、兄弟・姉妹と違うからといって困惑しないで下さい。
お子さんの成長に合わせて準備し、与えることが大切となります。
タイミングはある程度のお子さんで共通しているので、参考にして下さい。
第一に首や腰が据わっていて、きちんと座ってたべられること、スプーンを口に入れてべろで押し返されないことです。
これらができることで、お子さんはミルクだけでない、準備のできた身体になっているといえるでしょう。
また、お子さんが大人がご飯を食べているときに関心を抱いたり、ミルクだけでは足りなくなってしまった時も与えるチャンスです。

Page Top