前へ
次へ

いいネタを扱っている回転すし店

お寿司屋さんといえば、街中にあるお寿司屋さん、都市部の高級料理店などに並ぶお寿司屋さん、そして回転すしのお店があります。
最近は街中にあるお寿司屋さんが減ってきているかもしれません。
回転すし店はロードサイドの他駅前などに出店するときもあります。
どこに入ろうか迷うときもあるでしょう。
回転すしが安いのは、いろいろなコストを削減しているからです。
まずは板前のコストを下げ、材料のコストを下げ、運営費のコストを下げます。
板前のコストや材料のコストを下げ過ぎると味に影響してくるので、それらを見極めないとおいしくないお寿司にお金を払わなくてはいけなくなります。
いいネタを使っている回転すし店では、粗汁などを出してくれます。
これは魚の粗と呼ばれる骨や内臓などを出汁に使っているみそ汁です。
ネタをその場でさばいているからこそ出せるメニューです。
その他ホッケがネタにあるかどうかでもチェックができます。
扱いが難しいので、ネタを意識しているところでないと出すのはむずかしいでしょう。

Page Top